仕事のルートを確保していますか?フリーランスの仕事の7大ルートと事前準備

フリーランスなる前にから仕事のルートは確保しておかなければいけませんし、なった後にもルート作りは必要です。
仕事のルートと獲得方法をご紹介したいと思います。

仕事のルートは大きく分けるとこの7つ

  • 営業
  • 友人・知人
  • クラウドソーシング・IT専門
  • SNS・ポートフォリオサイト
  • 口コミでの紹介
  • 元の勤務先や顧客様
  • 行政

営業

交流会やイベント、勉強会で知り合った人からの受注。
なるべく自分の目的に合う質の良い会に参加して、良い人脈を広げていきましょう。

友人・知人

個人的な意見ですが、友人との間に仕事を持ち込みたくないので友人とは仕事をしないようにしています。
友人に自分に合ったお客様を紹介してもらうなどは良いかもしれません。

クラウドソーシング・専門エージェント

クラウドソーシングは案件によっては年間の契約を得られたリすることもあるようですが、全体的に案件の価格が安価なのと稼ぐには時間とコツが必要なようです。
IT専門エージェントとは、例えば企業とフリーランスのSEやプログラマーのマッチングする人材紹介のことです。
IT専門エージェントに登録して自分にあった企業を紹介してもらいます。

SNS・ポートフォリオサイト

SNSで活動の報告やポートフォリオサイトをポートフォリオを掲載しているとそれを見た方からの受注があることも。
フリーランスになれば、必ずやっておいた方が良いです。

口コミでの紹介

紹介に関しては既存のお客様が出来れば、お仕事をさせて頂く中で信頼をいただければ、ご紹介をお願いしてもよいでしょう。

元の勤務先や顧客様からの受注

会社を退職する前にもしも独立してからもお付き合いさせていただきたいお客様がいたとしたら、
退職する旨とフリーランスになることをお知らせだけはしておいても良いと思います。
会社にも可能であればなにか業務の一部でも業務委託で仕事をいただけるようならお願いをしておくべきでしょう。

行政

行政が地域復興などの目的やその他のクリエイティブな事業でフリーのクリエイターを必要としていたりします。
各地方の行政のサイトでそういった募集がないかチェックをしておきましょう。

仕事を獲得する前にするべきこと

上記を踏まえてやっておかなければいけないことは以下になります。

  • 名刺作成
  • ポートフォリオ(web、冊子)作成
  • ポートフォリオと経歴やプロフィールのお知らせメール定型文作成
  • 単価設定
  • 契約書作成
  • SNS登録・情報発信
  • クラウドソーシング・エージェントサイト登録

今仕事があるからといってこの先、数か月後、1年先、同じように仕事があると思っていたら大間違い。

仕事が潤ったとしても常に良い仕事と出会えるよう営業活動をし続けることをオススメします。

今仕事があったとしても、いつ仕事を切られるかわからないし、
仕事内容とお金の折り合いがつかなくなってやめたいと思う事があるかもしれないからです。
そんな時に仕事の線が細い線しか作っていないとするとそれがなくなった時、恐ろしいことになるからです。
仕事の線はいくつも持っておいた方がべきですし、太い線になるように努力しなければいけません。
なので、いつでもやりたい仕事をさせてもらえる体制と良い仕事に出合えるよう交流の場には顔出しを定期的に行っておきましょう。