私の仕事はお客様の商品やサービスを届けることです。あなたの仕事は何ですか?

私の仕事はお客様の商品やサービスを届けることです。あなたの仕事は何ですか?

私が仕事をしていて一番幸せに感じることは
私が作った制作物に対して評価を貰う事ではありません。

お客様の商品やサービスを届けたい人のところへちゃんと届けることが出来て、
エンドユーザーに喜んでもらえることです。

私の仕事がエンドユーザーさんの喜びになって、売り上げが上がった結果、お客様に喜んでもらうことが出来て、
その対価としてお金をいただける事です。

だから私はデザイナーであってデザイナーではなく、届けることが仕事です。

私は仕事に対して、こんな勘違いをしているクリエイターは多分どこかの時点で限界がくると思っています。

  • 1pxにいつまでもこだわる
  • 人の制作物をデザインの視点でしか評価できない
  • ポートフォリオサイトに掲載を考えた見栄えの良いサイトを作ろうとしている
  • 自分の肩書はデザイナーでデザインだけ出来たらいい
  • 自分ひとりで仕事をしていると思っている
  • デザイナーをアーティストと勘違いしている

お客様が私達に本当に求めていることは何でしょうか?

お客様(依頼主)は何を求めているのでしょうか?

お客様の商品や届ける方法は本当にエンドユーザーが求めているものなのでしょうか?

あなたはそこまで考える事が出来るデザイナーでしょうか?

自分のデザインが表現出来れば、お客様の商品やサービスはエンドユーザーに届かなくてよいのですか?

そもそもあなたの仕事をするやりがいはどこにあるのでしょうか?

趣味でデザインをやっている人はともかく、
プロを語るのであれば絶対にお客さまの商品・サービスを届ける事が出来る人にならなければいけません。

クリエイターの届ける力が弱いために、一般の人の思うデザインの力の評価はとても低いように思います。
だから私はもっと成長したいし、
周りのクリエイターにも成長して欲しいと思います。

稼ぎたいと思わない、
人の役に立ちたいと思わない、
素晴らしい人たちと出会って仕事がしたいと思わない、
勉強したり自己啓発するのは面倒くさい、
自分が思う、自分の仕事の範囲だけしていれば良い、
自分さえ良ければよい、、

こんなクリエイターはフリーランスとして食べていけるはずがありません。

今、仕事が楽しくない、稼げない、将来が見えない、不安に思うということであれば、
改めてあなたの仕事は何なのか、考えてみてください。